HOME > カテゴリー一覧

アニメでわかる!インフルエンザ

商品イメージ

教科 保健体育/特別活動
対象 小学校
メディア DVD
時間 15分
商品コード 6200002790
制作年 2010
学校価格 ¥16,000+税
ライブラリ価格 ¥48,000+税

内容

インフルエンザから自分を守る方法を、アニメーションで伝えます。

【ねらい】
大流行した新型インフルエンザ。同じ場所に長い時間、集団で生活する学校は、感染症の集団発生の起点になります。どうすれば、インフルエンザから自分を守ることができるのか、そのしくみをわかりやすく楽しいアニメーションで理解し、簡単に実践できる防止法を伝えます。

【構成】

(1)プロローグ
ニュースでも話題の『新型インフルエンザ』。実際に感染するとどのような問題があるのでしょうか。
(2)インフルエンザにかかるとどうなる?
インフルエンザに感染すると、かぜに似た症状があらわれますが、症状はかぜよりも重く、だいたい4〜5日続きます。
(3)ウイルスってどんなもの?
病気の原因はウイルスという小さな生物。新型インフルエンザも、いつものインフルエンザも、かぜも、このウイルスが原因でおこります。
(4)みんなの体をまもるもの
体はもともと、ウイルスが入りにくい仕くみになっています。ひふや鼻毛、まつ毛、つばなどがそうです。もし病原体が体の中に入ってきても、血液の中にはウイルスなどの病原体と戦う細胞があります。のどの痛みや発熱は、細胞がたたかっている証拠です。
(5)インフルエンザにかかる仕組み
ウイルスは、インフルエンザにかかった人のつばや鼻水に含まれています。インフルエンザにかかった人が、せきやくしゃみ、おしゃべりをしたときに、そのつばなどを吸い込んでしまうと、ウイルスも侵入してきてしまうのです。
(6)インフルエンザから体をまもる!
手洗い、うがいの正しいやり方を身につけて、しっかりと予防します。その他の予防法としては、予防接種やマスクの着用は効果的ですし、規則正しい生活は病気にかかりにくい体を作ります。
(7)インフルエンザにかかったら
感染したら病院に行き、先生に診てもらいますが、出かけるときは必ずマスクをして、できるだけたくさんの人がいるところはさけるようにします。そして、お医者さんの言うことをよく聞いて、おうちで安静にしていましょう。
(8)エピローグ
どんなに予防をしていても、かかってしまうこともあるのが、かぜやインフルエンザ。一人ひとりが思いやりの気持ちをもち、インフルエンザを広めないようにすることが大切です。

【指導】国立感染症研究所感染症情報センター センター長 岡部信彦

【推薦】 財団法人日本学校保健会

サンプル動画

  • 教育映像商品を探す
  • ご購入方法のご案内
  • カタログ・資料請求
  • お問い合わせ
  • 映像制作会社向け映像素材貸し出しサービス/映像素材お問い合わせ

映像・アニメーション

学研映画アーカイブス 学研のアートアニメーショント